20170201

 

    出勤1日目。まだ研修期間だけれど。

    きのうはとりあえず、社会人ぽく見えるように通勤用のかばんをげっとした。さすが、形から入るわたし。CanCamコートを着ているし、すこしは社会人に見えるかしら?

    せっかく「オトナ見えかばん」をげっとしたのにくつはげっとできなかったので、去年から履いてるぼろブーツで通勤。誰も見てないからよし。

    半分社会人になったし、いつもカッツカツだったICOCAに5000円もチャージ。さらば、残額5円→自動改札バァーン!の屈辱。社会人ってじゆうだ!!

    きょうは休憩室で、「そうだ 京都 行こう」のCMを見た。ふと、京都が恋しくなった。丸太町通千本通嵐電沿い。鞍馬口。東山。4年半分のわたしが、あちらこちらに見える。散り散りにある。わたしは彼女を、愛したい。

    おかねをかぞえていて、ふと、先月まで働いていたアルバイト先が恋しくなった。ああ、お釣り銭は6万円だったな。みんないいひとたちだったな。

    わたしは、愛されていたことを知った。

 

    京都。

    京都が似あうね、と言われることが、わたしは何よりも嬉しかった。17歳のわたしは、京都に惚れてしまったのだった。そうして、いまになって思う。わたしは京都に愛されていた。

 

    今月わたしはまた、別の古都へと引っ越す。古都、鎌倉へ。

    「どこにでも宿る愛」という、『この世界の片隅に』の原作に登場することばをわたしはいま強く信じている。それは不安由来の信念というよりも、確信に基づく信念である。未来への確信。だってこれまでそうだったから。

    どこにでも宿る愛。きっとなんだって愛せる。どこでだって愛せる。愛される。そう、わたしは信じている。そんなふうに信じるように生きられるのは、わたしに愛を傾け宿らせた、あなたがいたからです。

 

 

    追記:20171013

    書いたことを忘れていたにっき。

    いちばんさいごの「あなた」が誰を指していたのか、もう忘れてしまったけれど、それはたしかに「あなた」であったような気がします。あなたへ、ありがとう。