脱・はぐれメタル

 

 大学でやりたいと思ってるままのこと3つ

 
・ひるねサークル
べつに団体登録とかじゃなくて、勝手に。
ある5月の心地よい日、わたしは、大学のベンチにすわって木漏れ日を受けながら、やわらかい風に髪がなびいて、心の中にはゆううつがあって、ああこのままここで横になりたい、と思いました。けれどもここに横になったらただの不審者かも。体調不良と思われるかも。と、できませんでした。男子学生がそのあたりのベンチで横になっているのは時々見かけますが、女学生は見かけないですね。まあそりゃそうか。
じゃあもう「ひるねサークル」と書いた画用紙をからだの上に乗せて寝たらいいんじゃないかと思いました。行き倒れと思われたらこまるので、「ひるねサークル」に付け足して、「生きてます」と書こうと思いました。しばらくはそれをツイッターのプロフィールに書いておりました。「ひるねサークル 生きてます」。うーん、いい響きだ。ひるねサークルやりたいなあ。でもこれからは冬だぞお。あれは5月だからよかった。あっでも冬の寒い日には、外で寝ながら「ひるねサークル 合宿中」という画用紙を貼ればよいのか。なんだかたのしくなってきたぞ。
 
・ラジオ体操
うちの大学には「100円朝食」というものがあります。朝8時から8時40分まで、朝ごはんが100円で食べられます。その朝8時に、食堂前でラジオ体操をやりたい。iPhoneさえあればYoutubeでできるし。たのしそう。
ちなみにどうでもよいですが、元バリバリ体育会系のわたしは一時期家で、負荷をかけた状態でのラジオ体操3回と、見よう見まねの自衛隊体操を毎日していました。自衛隊体操はすごく大変でした。
 
・ぼっちサークル
わたしは週5で大学に行っているのに、ゼミ以外では誰とも会わないし誰とも話しません。ガチぼっち!はぐれメタル
なので、ガチぼっちが週に1日数時間どこかに集えばよいのでは、とかんがえました。ただ、たとえばそれに人が集まったとして、そのうち打ち解けたとして、それってもう外から見るとぼっちじゃないわけで、もはやふつうのサークルなのでは(しかも共通項がぼっちというだけだからただの飲み会サークルとかみたいなものになるのでは?)、と思いました。「ひとりぼっちのきみ!おいでよ!」みたいなノリは一番嫌いだし、ほんとうにひっそりひっそりとやりたい。勝手にちらし書いて廊下に貼ったりしたら誰か来てくれるかな。
世の中では「一人」だとできないことがあります。大学生協に置かれている、旅行会社のあざやかなたのしそうなパンフレットを手に取って、旅行に行きたいと考えても、ああいうのは大体「2名様以上」です。私はどこでも一人で行けるけれど、それでもおしゃれなカフェやきれいなケーキなどは誰かと行きたいです(一人の時間におかねを払いたくない)。そういう意味でも、だれか仲間がみつかるといいよねーと思います。
 
 全くの無計画(そもそも計画するような内容のものが一切ない)だけど、かんがえてたらたのしくなってきたな。
 はぐれメタルとか言っちゃったけどはぐれメタルって具体的にどんなんだったかな、と思って、ちょっとだけググってみました。「群れからはぐれた」「素早く逃げ出してしまう」「攻撃力が高ければ一撃で倒せるダメージを与えることが可能」…。なるほど。いまのわたしってやっぱりはぐれメタルなのかな。怖くなってすぐひとから逃げ出す癖、直したい。大学生活残り半期。はぐれメタルがんばれ。
 
 以上、いつに増してどうでもいいにっきでした。