兆す

     

 季節が放つ光度のなかで深呼吸するように過ぎた日々は、たしかにあのひとがいたことを記憶させてくれた。三月はにぶい春の光。風だけがつめたい春の夜。わたしたちは目的もなくただ歩いた。

 

     ( where do we go? )

 

     恋におちる とは、からだごと全身の落下であるとおもう。自身の心境の変化による、そう簡単に脱出できやしない未知―それは相手であると同時に、自分がどうなってしまうのかさえわからない世界ともいえる―への落下。落下して、留まりつづけること。それに対して、「惹かれる」、とは?心がゆるやかになめらかに、しかし確実に、対象へ引き寄せられつつある状態?
 

    ( where do you go? )
 
 
 ミツキさん。と、律儀な発音で読んだあと、あのひとは、今度はわたしの目をすっと見つめて、「ミツキさん」と呼んだ。やわらかい。自分のなまえに音楽が流れていることに、初めて気がついた。意外とよく笑うんですね、と言ったあのひとは、わたしの想像通りよく笑った。四月の終わりはすでに初夏の始まるようにまばゆかった。ふれたい と思ったとき、夏に向けた加速は始まっていたのかもしれなかった。それでもわたしはまだわからなかった。わからなかったのに。
 

     ( where do I go? )
 
 
 なまえを呼んで、あのひとがこの手に伝えた体温が、わたしに兆してしまった一筋の光。三月はにぶい春の光。四月はまばゆい春の光。引き寄せられながら、落下しながら、のこり十ヶ月分の、あなたが放つ光を、わたしは知りたい。
 
 
     where do we go, hey now?
 
 
 
 
 
 
 
(「where do we go, hey now?」小沢健二さん「おやすみなさい、仔猫ちゃん!」より)