読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

from here



from here

わたしはさわやかな風がすきなので
六月の湿気が得意ではない

窓の外には可視化する憂うつ

わたしは晴れがすきなので
雨がやはり得意ではない

きょうはひねもすの降水
虹が架かるまでおやすみなさい


薄れゆく意識のなかで
あなたの水平線を越えるわたしをみた

移ろいゆく季節のなかで
わたしの水平線を越えるあなたをみた


起きたら外へ出かけてみましょう
虹はなないろ

あまみず跳ねても
スカート翻す
街と 六月の 向こう側へ

駆けてくわたしは
夏をいっぴき連れてゆきます

そこにはきっとあなたがいる
雲ひとつない青い季節がある

だから灼ける空の下でふたり
水平線のその先まで落ちてゆきたい

海の底ではきっとその手つないで笑えるので