2016-11-25から1日間の記事一覧

十七歳

「十七歳」 発することばの一文字一文字が凍ってしまいそうな十二月だった。 音もなく、しろにしろをかさねる雪が降る。右横を、すこしだけ盗み見ると、その無数のうちひとつが、うつむき加減にあるく高階さんの、すっとのびた睫毛に、選ばれたように、ふわ…